新搭載 ベアリングフォーカスシステム

Bearing CAM Focus System

60年以上にわたって培われたコーワの光学機器生産技術は、CCTVレンズの開発・設計思想に遺憾なく発揮・応用されております。プロフェッショナル用レンズに用いられる“3本カム方式”をいち早くCCTVレンズのメカニズムにも搭載することで、光学性能を劣化させる要因だった偏芯を改善し、ガイドピンでの移動メカニズムにおける磨耗も軽減。光学性能はもとより、一層の高精度化と耐久性の向上を実現しました。一方、これにより摩擦部へのグリスの使用を大幅に抑えられるため、温度変化に対する耐候性も大幅に改善。さらに、従来のポール式ではできなかった鏡筒内部への遮光線加工を採用することにより、内部反射も大幅にカットされ、より鮮明な画像での描写が可能になりました。

 “3本カム方式” を更に進化・発展させるために採用したのが“ベアリングカムフォーカスシステム”です。長焦点距離の大口径レンズは、レンズ自体の質量が重くなるため可動部の摩擦・摩耗が大きく、また、駆動するためには大きな動力が必要とされてきました。コーワの“ベアリングカムフォーカスシステム”は、それらの問題点を克服。優れた耐久性とスムーズな動きを生み出すことでより一層の長寿命化と省電力化を果たし、確実に機能を発揮し続けるレンズシステムになっております。

 超広角から超望遠までのズームレンズ・バリフォーカルレンズ、微細なところまで映し出す超高解像度レンズ、可視光から近赤外光域にまで対応したデイナイト仕様レンズなどを取り揃え、あらゆるシーンに対応。多様化する用途に応じたコーワのCCTVレンズで、一層スピーディーな対応が可能になると確信しております。

ベアリングカムフォーカスシステムは、2メガピクセル超望遠ズームレン ズLMZ20750シリーズ、デイナイト対応2メガピクセルズームレンズLMZ 20550シリーズをはじめ、多くのズームレンズに採用されております。

テクニカルデータ

電動ズームレンズ 自動絞りレンズ用ケーブル接続仕様

※コーワ標準レンズの接続仕様です。 詳しくは取扱説明書をご参照下さい。

■自動絞り付き電動モーターズームレンズ(AMタイプ)

Auto iris with Motorized Zoom, Focus (AM Type)

■3モーター電動ズームレンズ(M3タイプ)

AI, Motorized Zoom with Preset on Zoom, Focus (AMP Type)

■自動絞り付き電動モーターズームレンズ、プリセット付き(AMPタイプ)

Motorized Zoom 3 Motor Type (M3P Type)

ズーム/フォーカス モーター電気仕様

  Z/F Z/F Z/F Z/F
入力電圧 DC6V-12V DC6V-12V DC6V-12V DC6V-12V
消費電流 最大 60mA 最大 60mA 最大 60mA 最大 60mA
スピード (DC8V時) 約7sec 約10sec 約14sec 約11/28sec
型名 LMZ111
LMZ110
LMZ200
LMZ7527
LMZ1177-IR
LMZ112
LMZ300
LMVZ16160-IR
LMZ0812-IR
LMZ25300-IR
LMZ123
LMZ0824
LMZ1236
LMZ1000
LMZ20750
LMZ750
LMZ375
LMZ20550-IR

用語説明

  1. 1. 画角と視野

    • 画角θは次の計算式で得られます。
      θ=2tan-1 h/2f
    • T視野 Hは次の計算式で得られます。
      H=h L/f
  2. 2. F値(口径比)

    レンズの明るさに関わり、レンズの口径と焦点距離から算出されます。
    口径が大きく、焦点距離が短いほどF値が小さくなり、明るいレンズであることが分かります。

  3. 3. イメージフォーマットサイズ

    • イメージセンサーサイズ比 1 : 0.69 : 0.5 : 0.38の時
      1/2型 フォーマットサイズは1型の50%
      1/2型フォーマットサイズは2/3型の73%
      1/3型フォーマットサイズは1/2型の75%
    • 同じレンズを使用した場合、画角はカメラのフォーマットサイズによって変わります。カメラのフォーマットサイズが小さくなるほど、画角は狭くなります。
    1/2型サイズの焦点距離 1/3型サイズの焦点距離
    f=4mm f=3mm(2.8mm)
    f=6mm f=4.5mm
    f=12mm f=9mm(8mm)
  4. 4. フランジバックとバックフォーカス

    • フランジバック:レンズマウントの取り付け基準面からピント面までの距離。
      Cマウント : 17.526mm CSマウント : 12.5mm
    • バック フォーカス:後玉後部レンズ面からピント面までの距離。
    • メカニカル バック フォーカス:レンズ本体の最後部からピント面までの距離。
      レンズ最後部がカメラ内部に当たるかどうかの判断基準になる。
  5. 5. CマウントとCSマウント

    適合性
      Cマウントカメラ Cマウントカメラ
    CSマウントレンズ
    CSマウントレンズ ×

    CマウントレンズをCSマウントカメラに使用する場合には、厚さ5mmのC/CSマウント変換アダプターを使用します。

    C / CS MOUNT LENS (unit:mm)

 

固定焦点・バリフォーカル 自動絞りレンズ用ケーブル接続仕様

制御システム ビデオアイリス / 駆動回路付き DC アイリス / 駆動回路なし
供給電源 DC8~16V (最大40mA)
入力信号 複合・映像信号 (V あるいは VS)
感度調整 映像信号レベル 0.5-1.0V p・p
入力インピーダンス 高インピーダンス
応答速度 約2秒
測光方式 平均/ピーク値測光方式
作動温度 -10℃~+50℃ -10℃~+50℃
接続図
入力電圧 (DC8~16V)
グランド
映像信号 (V あるいは VS)
接続図

Pin No.

1 制御コイル -
2 黄色 制御コイル +
3 駆動コイル +
4 駆動コイル -